<コーポレートリリース> MOON-X 創業3ヶ月で10億円超の資金調達を完了

MOON-X 創業3ヶ月で10億円超の資金調達を完了

株式会社ジャフコ、個人投資家の島田亨氏(USEN-NEXT HOLDINGS取締役副社長COO)より総額10億円超の資金調達を完了した事をおしらせします。

■MOON-X「ブランドとテクノロジーの力で日本のモノづくりの翼に」

長谷川の、P&Gで実感した人々の生活を豊かにする「モノづくり」と、楽天・Facebookで経験した、デジタル上での購買体験やプラットフォームを活用した情報発信など「テクノロジー」に大きな可能性を感じたところからMOON-Xはスタートしました。

ブランド第一弾では、世界的に有名でもあり「品質本位」のビールづくりに真摯に取り組まれている「日本のクラフトビール」を代表する作り手の一つである木内酒造とパートナーシップを組み、クラフトビールの新ブランド「CRAFT X」(公式ショップ:https://www.craft-x-beer.com/)のクリスタルIPAを発売、1月24日に開かれたメディア発表の様子は多数のメディアにも掲載され、2日間にわたって開催したポップアップバーにはのべ700名弱の方にお越しいただきました(コーポレートサイト参照 https://www.moon-x.com/)。
今後はビールだけではなく、日本のモノづくりを体現する他カテゴリーへの参入も検討しており、1)日本のモノづくりを担う作り手との協業 2)テクノロジーの活用 3)消費者との継続的な対話 を通じて日本のモノづくりを体現するようなブランド群を築いてまいります。

■投資家からのコメント

株式会社ジャフコ
取締役パートナー 三好 啓介
MOON-Xは日本のモノづくりをエッジとして、マーケティング・サプライチェーン・テクノロジーのすべてを融合してブランドを作っていくスタートアップです。長谷川社長のビジョンに共鳴し、各分野のプロフェッショナルが集結し、Day1からジャフコもコミットしています。日本発の世界で勝負できるブランドを作り上げることができると確信しており、私達も実現のため尽力して参ります。

USEN-NEXT HOLDINGS
取締役副社長COO 島田 亨
プロ経営者が自らスタートアップを始めるという意味において、MOON-X社の創業と今回の資金調達は特別な意味を持っていると理解しています。20代など若手の経営者だけでなく長谷川氏のような経験と実績に裏付けされたプロ経営者が起業をする時代に入ってきた事は日本の競争力を加速していく大きな起爆剤になると思っています。P&Gでブランドマーケティングを学び、楽天でECの破壊力を経験し、FacebookではGlobal且つシームレスなプラットフォームを活用するノウハウを蓄積し、満を持しての創業です。今回の出資は私が20年間続けてきたエンジェル投資事業の中で最もExcitingなお手伝いと言えるかもしれません。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000053318.html